逗子海岸映画祭にフェイパンが来た日

『ある殺人、落葉のころに』プロダクションノート_01 2017年5月、逗子海岸映画祭にて後に映画『ある殺人、落葉のころに』のプロデューサーとなる香港のフィルムメーカー、ウォン・フェイパンと。 この時、彼は休暇兼小説執筆の続きを読む “逗子海岸映画祭にフェイパンが来た日”

『ある殺人、落葉のころに』茅ヶ崎限定上映決定

脚本・監督作『ある殺人、落葉のころに』が10/2よりイオンシネマ茅ヶ崎にて上映されることが決まりました。撮影から3年近く経ち、ようやくの劇場公開です。 また来年、2021年の全国上映を目指し、クラウドファンディングもスタ続きを読む “『ある殺人、落葉のころに』茅ヶ崎限定上映決定”

JAPAN CUTS Award受賞-大阪アジアン映画祭

脚本・監督作『ある殺人、落葉のころに』が大阪アジアン映画祭でJAPAN CUTS Awardを受賞しました。審査員の皆さまからも熱いコメントを頂き、身が引き締まる思いです。   今回の受賞を励みに、一般公開に向続きを読む “JAPAN CUTS Award受賞-大阪アジアン映画祭”

追憶 大阪アジアン映画祭 -Osaka Asian Film Festival revisited

大阪アジアン映画祭で上映決定。 知らせを受け、喜びとともに過去の記憶が蘇った。 5年前。初監督作『3泊4日、5時の鐘』も国内最初の上映は大阪アジアン映画祭。同じ年の1月にオランダで交通事故に遭い骨折をしてしまった影響で、続きを読む “追憶 大阪アジアン映画祭 -Osaka Asian Film Festival revisited”

箱根駅伝考、改め今年の抱負

およそ1週間前に「ランナーと感動はどちらが速いか?−箱根駅伝考(1)−」というタイトルで投稿。だが書き進めるうちに想定と全くちがうものに。題を改め書き直す。重複している箇所もあり。1週間前の文章はあえてそのままにします。続きを読む “箱根駅伝考、改め今年の抱負”

ランナーと感動はどちらが速いか?−箱根駅伝考(1)−

なぜ自分は箱根駅伝で感動してしまうのか、という話。 いきなり話しは逸れるが、時おり撮影現場で見られる、 「OK! 次のシーンは・・・」 「監督! その前にBのリアクション撮っておきませんか?」 「うーん、一応撮っておくか続きを読む “ランナーと感動はどちらが速いか?−箱根駅伝考(1)−”

夏の残響、香港の記憶

  2019年7月、私は香港にいた。 香港と日本にいる仲間とで作った映画『ある殺人、落葉のころに』を完成させるためだ。 ひと月前の6月に受けたアジア映画ファンド獲得の知らせ。このことによって今作の完成がようやく続きを読む “夏の残響、香港の記憶”