逗子海岸映画祭にフェイパンが来た日

『ある殺人、落葉のころに』プロダクションノート_01

2017年5月、逗子海岸映画祭にて後に映画『ある殺人、落葉のころに』のプロデューサーとなる香港のフィルムメーカー、ウォン・フェイパンと。

この時、彼は休暇兼小説執筆のため日本にひと月ほど滞在し、週に2-3度会っては観光や食事を共にしていた。私はたまたま逗子海岸映画祭のボランティアスタッフをしていたので「少し遠いけど来る?」と誘ったところフットワークよく来てくれた。恐らく日本で一番賑やかな映画祭で小説を書いた最初の人物である。バーの端に座りラップトップを開いてキーボードを打ち込んでいた。

その後、その小説は完成したらしい。

彼と私が出会ったのはそれから2年遡り、韓国・釜山国際映画祭主催のアジア映画学校(若手映画人の育成を目的とした約3週間のワークショップ)でのことだ。同じチームということもあって仲が深まり、その後も、彼が監督として参加したオムニバス映画『十年』が大阪アジアン映画祭に招待されたタイミングなどで会うことができていた。

宿題を出し合う仲。彼と私の関係を一言で表せば、こうだ。最近見た映画は何か、という質問からそれぞれの映画に対する考え方を互いに問い、その問いを持ち帰り、考え続ける。正直言えば、私が彼と同じような質の問いができていたか心許ないが、とにかく彼と会うとやる気がでた。こう書くと生真面目な映画青年たちのようだけれど実際には会話の半分以上は冗談やふざけた内容である。

この時逗子海岸では何を話しただろうか。

「恋愛はどう?」

「最近、良い人に会えたかも」

「映画は?」

「この前会った時話したの覚えてる?」

「フィルムノワール?」

「そう。今年やりたいと思ってる。大磯ってところが舞台なんだけど」

「オオイソ。覚えてる。もうクルーは決まってるの?」

「これから」

その時、砂浜に座った二人の間に置いたピンチョスめがけてトンビが飛び込んできた。

(続く)

10/2よりイオンシネマ茅ヶ崎にて限定上映決定&全国公開を目指し、クラウドファンディングスタート



【『ある殺人、落葉のころに』予告篇】

『ある殺人、落葉のころに』茅ヶ崎限定上映決定

脚本・監督作『ある殺人、落葉のころに』が10/2よりイオンシネマ茅ヶ崎にて上映されることが決まりました。撮影から3年近く経ち、ようやくの劇場公開です。

また来年、2021年の全国上映を目指し、クラウドファンディングもスタートしています。クラウドファンディングページに載せたコメントを転載します。

————————-

4年前、自分の行き場を見失っていた。

このままじゃいけない、という思いが私を突き上げこの企画を駆動させた。

私は映画を作る事で世界を変えたかったのか、自分を変えたかったのか。

答えはその両方だ。

「一本の映画」というよりは「一本の道」としてこの作品は私の胸にある。

当時を振り返りながらこの道の上に立つと舗装直後のアスファルトのように足の裏から様々な感情が熱となって伝わってくる。その熱が体全体を満たす時、また一歩進もう、隣には仲間がいる、道を作り続けよう、と映画への覚悟を新たにする事ができる。私を奮い立たせる。

この度、ようやく皆さまにこの道を歩いて頂けることを嬉しく思います。

1年前の釜山国際映画祭で「この映画はいつ爆発するかわからない地表のようだ」という感想を頂きました。私たちは見かけ通りではない世界に生きています。スクリーンの背後にあるうごめきを肌で感じてみてください。

本作の制作には、キャスト、スタッフの尽力があり、そして何より撮影地の皆様からは多大なるご協力を賜りました。誠にありがとうございました。

この作品が当時の私と同じように、行き場を探すあなたに届きますように。

————————-

明日からプロダクションノートのような内容をここに綴っていこうと思っています。
時々、覗いてやってください。よろしくお願いします。

三澤拓哉

photo_2020-09-03 14.24.09

Oiso Story

僕らが初めて会った2017年の夏。同じ年の秋にはこの映画の撮影がスタートしていた。そして、今は2020年。現代の時間感覚から言えば、この映画のことを話すには月日が経ち過ぎているようにも思える。この映画で僕らが使ったカメラはもはやヴィンテージと言ってもいいし、顔は覚えていても名前を思い出せないスタッフがいるのも正直なところだ。

昨年の10月、韓国・釜山でこの映画のワールドプレミアが行われた。上映が終わった時、僕は一礼するのと同時にヨッシャと飛び上がるような、そんな気分だった。僕たちはやり遂げた。そして皆と乾杯し、この仕事が終わったのだ。

僕が決して予想していなかったこと。

それは香港公開に向けて作られたポスターが僕を激しく打ちつけたこと。

ある殺人 落葉のころに

脚本を受け取った時、迷うことなくこの作品に全力を注ぐことを決めた。国際チームで日本を舞台にした長編映画の撮影監督という願ってもみないオファーである。この機会にとても感謝した。しっちゃかめっちゃかな状況に直面しても、いつもより幾らか紳士的に振舞うことができたのは、それが理由だ。

真の能力や知識ではなく、小手先の技術や安易な方法によってそれまでの僕はやり過ごしてきた。そんな僕を『ある殺人、落葉のころに』の撮影はギリギリの状況にまで追い込んだが、またとない機会として取り組んだ。良くも悪くもそうした機会は誰にでも訪れるものではない。だから、これを幸運と見なすべきなのだ。素晴らしい解決方法が見つからなかったとしても、愚直にやり切る。それが満足へとつながり、それこそが最大の喜びとなるのだ。

このインディペンデント映画はキャメラマンとしても一個人としてもその後数年における人生の原動力になった。芸術的側面も持たず、楽しくもない日銭を稼ぐための仕事は手放した。実直に生活していければ良い。楽な道ではないが、それも良いだろうう。

どうしても時々思ってしまうのは、僕の地元・油麻地(ヤウマテイ)の映画館に貼られた『ある殺人、落葉のころに』のポスターをこの目で見たかった、ということだ。

撮影後、日本を訪れた時に監督の三澤が僕を映画サークルに呼んだ。その映画サークルは彼と彼の卒業したフィルムスクールの学生たちによって行われている。お金のためではなく、世界、そこで生きる者の営み、そして自分自身を見つめることがクリエイターとしての究極の目的であることを、そこで思い出した。

この映画を撮影した者として、良い雰囲気の中でみんなに僕らの映画を見てほしい。そしていつかみんなと笑って語らいたい

Tim

三澤拓哉

IMG_7563

JAPAN CUTS Award受賞-大阪アジアン映画祭

脚本・監督作『ある殺人、落葉のころに』が大阪アジアン映画祭でJAPAN CUTS Awardを受賞しました。審査員の皆さまからも熱いコメントを頂き、身が引き締まる思いです。

 

POC03238 2

今回の受賞を励みに、一般公開に向けて、より積極的に取り組んでいきます。

 
■審査員コメント

腐敗した小さな町、男特有の毒性、若者の不安をひるむことなく描き切った『ある殺人、落葉のころに』は極めてよく作り込まれた物語として、インディ・フォーラム部門の中でも際立っていた。三澤拓哉監督のストーリー構築に対する鋭い目と映画言語 の卓越した手腕が存分に発揮されている。潔く大胆でありながらも完成度の高い本作は、三澤監督の今後の作品はもとより、 日本インディペンデント映画のダイナミックかつ重要な表現の将来性について、大いに期待を抱かせるものである。『ある殺人、 落葉のころに』に JAPAN CUTS Awardを授与できることを光栄に思う。

 

■受賞へのコメント

過分なる審査員からのコメント、身が引き締まる思いです。大阪アジアン映画祭、日本初上映後の夜。出演の中崎敏、森優作、永嶋柊吾と語らい、この映画の持つ力を確信しました。全ての譲歩と妥協を払いのけ、これからも上映機会をつくっていきます。
また、こうした状況の中、映画祭開催に尽力して頂いた関係者の皆さま、お越し頂いた観客の皆さまに御礼申し上げます。ありがとうございました。今回、来場が叶わなかった方々にも、いつか映画を届けられますように。

Cinemarcheより https://cinemarche.net/news/oaff2020-jusyou/

追憶 大阪アジアン映画祭 -Osaka Asian Film Festival revisited

大阪アジアン映画祭で上映決定。
知らせを受け、喜びとともに過去の記憶が蘇った。

5年前。初監督作『3泊4日、5時の鐘』も国内最初の上映は大阪アジアン映画祭。同じ年の1月にオランダで交通事故に遭い骨折をしてしまった影響で、1回目の上映には残念ながら立ち会うことができなかったが、出演の堀夏子さん、福島珠理さんがQ&Aに登壇。観客の皆さんからも好反応を頂いたと知らせが届く。私の両親も会場の映画館(シネ・ヌーヴォ)におり、司会の方から紹介までして頂いた、と知る。しかも、紹介だけでなく一言挨拶もしたとのこと。

数日後。私は2回目の上映に間に合うように大阪へ向かった。
映画媒体の方にインタビューをして頂いたのもこの時が初めて。
Q&Aには同じタイミングで来阪した出演の中崎敏、兄・啓吾も登壇し、やや緊張しながらスタートしたものの観客の皆さんのおかげで和やかな雰囲気の中、終えることができた。その夜に3人で歩いた大阪の繁華街。〆に食べた、かすうどんが沁みた。

別の晩。当時在学していた日本映画大学の教員、学生もワークショップ(?)のため大阪に来ており、短い時間ながら一緒に過ごすことができた。

さらに日は変わり、ウェルカムパーティーでは『ある殺人、落葉のころに』に出演することになる森優作と初めて会った。お互い堅い挨拶を交わす程度だったが、あの時の出会いが『落葉』に繋がっていると思うと感慨深い。また、『3泊4日』を見てくださった方も気さくに声をかけてくださり良い思い出として記憶に残っている。

翌2016年。『落葉』のプロデューサーであるウォン・フェイパンがオムニバス映画『十年』の監督の一人として大阪アジアン映画祭に参加した。ちょうど同じ時期におおさかシネマフェスティバルの授賞式出席のため大阪にいた私は彼と久々に会うことができた。前年10月の釜山国際映画祭以来、約半年ぶりの再会。ここでも〆にかすうどんを食べた。(以後、大阪と言えば“かすうどん”が定着)その時にまだ企画とも呼べない段階だった『落葉』を次の年の11月には彼らと撮影していたと思うと、月並みだが、人と会うことのかけがえのなさを痛感する。
また、大阪在住のKさんに丸一日大阪を案内して頂いたのもこの時だ。私の大阪観が深まる時間となった。

撮影を終えた次の年。2018年の大阪アジアン映画祭には『落葉』にも出演しているロー・ジャンイップがメインキャストとして出演した『中英街一号』がグランプリを受賞した。来年こそは『落葉』を、とそのニュースに触れながら意気込んでいたが、ポストプロダクションに時間がかかり断念。

そして、今年2020年。ようやくエントリーすることができ、選出の結果を頂くに至った。

ここまで思い出すままに大阪アジアン映画祭にまつわる思い出を書き連ねた。きっと記憶違いもあるだろうが、それもいいだろうとも思う。

韓国、台湾、香港とこれまで上映してきて、国内初上映を大阪アジアン映画祭で迎えられることが本当に嬉しい。

最後に、私が最初に大阪へ行った思い出を。
今からちょうど10年前。
東京公演がソールドアウト。大阪公演ならまだギリギリ買えたボブ・ディランのライブ。兄と青春18切符をつかって神奈川から大阪へ、何時間もかけて見に行った。
その時に演った“Ballad of a Thin Man”は『落葉』の脚本執筆時にもよく聴いていた。歌詞にこんな一節がある。

Because something is happening here
But you don’t know what it is
Do you, Mister Jones?

だってここで何かが起こっているのに
あんたはそれが何なのかわからない
そうだろう、ジョーンズさん?

-“Ballad of a Thin Man” Bob Dylan
訳:中川五郎

大阪でお会いできることを楽しみにしています。

三澤拓哉
映画『ある殺人、落葉のころに』脚本・監督

20200209

箱根駅伝考、改め今年の抱負

およそ1週間前に「ランナーと感動はどちらが速いか?−箱根駅伝考(1)−」というタイトルで投稿。だが書き進めるうちに想定と全くちがうものに。題を改め書き直す。重複している箇所もあり。1週間前の文章はあえてそのままにします。以下、本文。

例えば、ある映画のワンシーン。AとBが向かい合っている。AがBに何かを話す時、BがAの話しをどんな様子で聞いているか。聞き入っている表情。目をそむけ、取り合わない姿勢等々。AとBそれぞれの「話す」、「聞く」という双方の(リ)アクションによって観客がそのシーンに受ける印象や意味合いが変わる。逆に言えば、大半の映画はその連なりを文法的に組み立て、観客の感情を誘導することを目的にしている。

正月、箱根駅伝を沿道で観戦した。元々テレビでも見ることが少なかったが、コース近くに越してから足を運ぶようになった、と言っても今年で2度目である。去年も今年も沿道に立つと特異な高揚感と感動が押し寄せ、それと同時に小さな不安が芽吹く。なぜ「特異」なのか。それは選手が私の目の前を走り抜ける前から沸き起こる感情だからだ。この感情の正体は何だろうか、と考えた時、先に述べた映画の「文法」を思い出した。

東京-箱根間往復という距離とそれに伴う2日間という時間がこの競技の特徴であることは間違いないが、私は付け加えて観客の位置に着目したい。道路条件にもよるが、観戦時にはコースの両側にある歩道を多くの人が埋める。先の映画の例を援用すれば、選手(A)が「走り」、観客=私(B)が「見る」の関係が箱根駅伝の観戦構図だが、実際のところ沿道に立つなり、選手を待つ観客(B’)たちがまず目に入り、選手が走り去る際も、その背景にいる人々を視界に収め続けている。しかも、道路幅という短い距離が向かいにいる人たちの表情を克明に認識することを助けている。

そのまま映画の例に従えば、私が沿道で感じた高揚感と感動は、コースを挟んで向かい合う観戦者たちの気分がのり移ったものなのか。しかも、その理屈で言えばそれを引き起こしたのは彼らに向かい合う自分である。小さな不安の正体はこれか。無自覚に自分自身で引き金を引いていたのだ。箱根駅伝は走る選手(A)を磁力に人々が集まり、道路を挟んで、観客間(B-B’)で感情が鏡を向かい合わせたかのように無限反射され、その大きさは雪だるま式に肥大していく。両側の歩道が高揚感一色になる。

そこでは簡単に自分の気分が作られるし、自分も他者に作用している。「感動させられる観客」と「感動させる観客」を行き来する自分。そこにいる以上、どちらか片方だけ、ということはあり得ない。

選手たちが走り去るやすぐに人がはけ、嘘のように日常を取り戻す道。その道を歩くと、その度ごとについついこうしたことを考えてしまう。この内省する自分、その内容を書き留める自分をCとしよう。今年はこのCなる自分を鍛えていきたい。

ランナーと感動はどちらが速いか?−箱根駅伝考(1)−

なぜ自分は箱根駅伝で感動してしまうのか、という話。

いきなり話しは逸れるが、時おり撮影現場で見られる、

「OK! 次のシーンは・・・」

「監督! その前にBのリアクション撮っておきませんか?」

「うーん、一応撮っておくか」

というやり取り。

例えば、AとBという二人の人物が会話するシーン。AがBに台詞を話す時、BがAの話をどんな様子で聞いているか。涙を流しながら聞いている。笑みを浮かべている等々。それによって観客が受けるそのシーンの意味合いが変わってくる。大半の映画はそのリアクションの連なりによって観客を感情移入させ、共感を導いていると言っていいかもしれない。

本題、箱根駅伝について。元々テレビでも見ることが少なかったが、コース近くに越してから沿道で観戦するようになった、と言っても今年で2度目。少し不思議に思うのは昨年も今年も沿道に立つと高揚感と感動が押し寄せてきてしまうこと。なぜ不思議なのかと言えば、そうした感情の変化が“選手の来る前”から始まっているから。最高潮に達するのは選手が通過する瞬間だ。

なぜ私は感動してしまうのか? その最も大きな要因は「選手」ではなく「沿道を埋める人々」ではないか?

(とりあえず、今日はここまで)

夏の残響、香港の記憶

 

2019年7月、私は香港にいた。

香港と日本にいる仲間とで作った映画『ある殺人、落葉のころに』を完成させるためだ。

ひと月前の6月に受けたアジア映画ファンド獲得の知らせ。このことによって今作の完成がようやく見えたことと、さらに釜山国際映画祭での初上映も決定したことは私だけでなく編集作業を共に進めてきた香港の友人たちに大きな喜びと安堵をもたらした。

香港で10日間編集作業をし、そのまま韓国へ向かい20日間で残りの仕上げ作業をする計画だった。

 

その頃の香港はあの200万人が参加したデモからおよそ1ヶ月が経った時期にあたる。私が渡航する2日前は白シャツを着た集団がデモ参加者に対し暴力をふるい、現地の友人からは「もはやテロ事件」と日本語にグーグル翻訳されたネット記事が送られてきた。

 

私にとって3度目の香港。到着すると意外なほど静かだった。早朝に着いたこともあるだろう。仮眠をとってから友人のMに誘われ街に出た。

 

はじめてMと会ったのは2017年の5月、東京でのこと。共通の友人Hを介してのことだった。そこでの出会いをきっかけに私たちは映画を作ることになり、互いの家を訪ね合う仲になる。

 

Mと歩く道。デモ以降の人と街の変化。彼自身の考え。この先、香港はどうなるかを私に話した。あれを見て。その先には工具店があり、若者たちがゴーグルやマスクを手にしている。そうしたものが「仕事」のために必要な人たちには見えない。スポーツ店に入れば、陳列されている大人サイズのヘルメットの残数が子ども用のそれと不均衡を起こしている。建物の外壁にはメッセージが書かれたポストイットがずらりと貼られている。「香港加油」。一見かつてと変わらない街の様子。しかし、人々は確かにそこに存在するサインを読みとり、時に発信しているようだった。

 

「そういえば何が花火にとって大事なんだっけ?」

バスに座席に並んで腰をかけると彼が聞いた。

「ああ、えーっと。距離(distance)とズレ(gap)ね」

「そうだった。そうだった」

 

2017年の夏、私にとって何年かぶりの花火大会。当時、逗子の海の家で働いていた友人に声をかけてもらい、当時付き合っていた女性、つまり今の妻と行ったのだった。花火大会自体は隣の葉山で開催されていて、人がまばらな逗子海岸から少し離れた場所で打ち上がる花火をビール片手に眺めていた。

空に向かってにょろにょろと軌道を描き、一瞬消えては開く花火。そして、間も無く花火の音がやってきて、身体の表面をその波で振動させる。打ち上がる花火はその連続の中で、花火を見ている私が今どこにいるのかを感じさせる。花火との距離とそこから生じるズレから、私が花火を見るという経験は他者と共有不可能なものであり、その意味で花火は自分自身の存在証明になりうるし、だからこそ花火を他者と、特に大切な人と見ることは尊い行為なのだ、というエセ哲学者めいたことを後にMに言ったのを彼の質問に答えながら思い出していた。

 

「それって映画にも言える?」

「そうかも」

 

その週末に起きたデモでMは警察に逮捕された。デモ参加者に向けられた催涙ガス。Mが逮捕されたという連絡。逮捕後、MをサポートするためのHをはじめとした友人たちによる尽力。傍にいながら何もできない自分。彼に対する心配と虚無感を抱えながらも映画を完成させなければならない。様々な思いに駆られながら、一日また一日と過ぎていった。

 

彼が数日間拘留され、私がMと再び会ったのは韓国へ発つ日、夜の便までの間。彼と会う前、罪状は確定していないが最短でも4-5年、最長で10年の刑になると聞いていた。そんな状況にある友人を前にどんな声がかけられるだろう。

 

Hを交え、飲茶店で昼食をとった。広い店内の壁には大型テレビが四方にかけられ、一様にデモについてのニュースを映している。凝視する友人たち。飲茶を食べる。テレビを見る。それ以外は互いにどんな言葉をかけるべきか探しているような時間が続いた。

 

昼食を終え、Hの家で過ごす時間。そこでMの方から、今回の香港滞在はどうだったか、と聞かれた。この時、どこまで自分の思いを伝えられたかわからない。そもそも自分の思いが何なのかすら把握できていなかっただろう。出発の時間になり、かたく抱きしめ、別れた。

 

香港から韓国への便。一緒に向かうはずだった友人たちは隣にいない。

映画は多くの人たちの支えによって韓国で無事完成を迎えることができたが、この企画のはじめから一緒に歩んできた彼らと完走したかったというのが本音だ。

 

Mにとって未来が定まらないまま、今年が終わる。

この夏に香港で過ごした日々の残響が私に向かい続けている。この残響は私が何者かを証明するものではなく、何者かを問うものだ。彼個人との関係。政治的、社会的視座と態度。映画を作る者として自分が為すべきこととは。

彼と次に会えるのはいつだろうか。少なくともその時まで、この残響と対峙し続ける。

 

三澤拓哉

2019年12月31日

 

2019年7月30日に撮影